「ほっ」と。キャンペーン
まこという名のTNR済みの庭猫


b0041307_432134.jpg
実家の庭猫まこ-TNR済み、ちょっと太り気味^^


まこは3年ぐらい前の夏に実家の近所に子猫を連れて現れました。
痩せ細ってお腹を空かせた親子猫がかわいそうで、母がエサやりを
はじめましたが、4匹いた子猫のうち2匹は大きくなる前に亡くなり、
その後残ったまこと子どもが庭にいつくようになりました。
子どもが大きくなるのを待って親子ともども不妊手術をしました。
警戒心が強くて、まったく触れない猫なので、私が捕獲器で捕まえ、
病院へ運び、手術していただきました。

お年寄りが庭に遊びに来た猫にエサやりをするケースが多いですが、
増えないように手術しなければと思っても、触れなくて捕まえられず
あきらめてしまう場合がほとんどです。手術してやりたいという気持ちが
あっても、ほとんどの野良猫は捕獲器を使わなければ、到底捕まりま
せん。

お年寄りはネットをする方も少ないので、TNRや捕獲器の情報を入手
する機会もあまりなく、捕獲器の存在自体を知りません。

動物病院や以前にTNRのお手伝いをしたご近所の方から聞いて、庭の
猫を捕獲してほしい、と依頼を受けることがよくあります。行ってみると
すでに猫がかなりの数に増えてしまった後だったりします。手術代も
かさみます。捕獲や搬送の作業もそれだけ大変になります。

みなさん、捕獲器を見て、こんなに便利なものがあることを知らなかった、
と驚かれます。もっと早くに知っていれば、猫がこれほどまでに増えす
ぎないですんだのに、と残念がられます。

早めにTNRをして、猫の頭数を抑制してしまえば、ご近所から苦情が来るこ
とも少なく、猫のトラブルを未然に回避できます。

どこの住宅街にも庭でエサをやっている方はたくさんいます。その多くが
お年寄りです。ご近所の方たちに気兼ねして、こっそりやっています。

なかなか外からはわかりずらいですが、もしご近所に猫のエサやりを
している方で、まだ捕獲器やTNRのことをご存知ない方がいらしたら、
ぜひ勇気を出して話しかけ、TNRのことを勧めてみて下さい。




-----------------------------------


       ♪やさしい里親さんをお待ちしています♪





b0041307_11542394.jpg

【ウルルちゃん】里親さん募集中





---------------------------------





           救える「いのち」があります。
           「マチカさんのミニトートバッグ」

      売り上げは全てお外の猫たちのTNRに使われます。
         ご協力よろしくお願いいたします。







      




   バナー貼付に協力していただけるブロガーさんも絶賛募集中です。
              よろしくお願いいたします。
[PR]
by akaneiona | 2009-12-12 05:08 | お外の猫
<< 「ドリームボックス」-夢の箱な... お局様 >>