みゆちゃんの魂よ安らかに
あかねといおなの共同保護主のももたんから昼間メールが
入った。明日近所の猫を避妊するため一緒に捕獲する約束を
していたのだが、フェレットのみゆ(ミー)ちゃんが突然、呼吸が
止まり、明日までもつかどうか危ない状態だから延期したいと。

家で看取りたいが自宅での応急治療が困難なため、みゆちゃ
んの可能性を信じて入院させたともあった。

もちろん捕獲なんか後回しにして、みゆちゃんの看病に専念
して下さい、回復を祈っていますと返事した。

ももたんは同じくフェレットのでびたんと死別されて間もない。
その上、みゆちゃんまででびたんの後を追っちゃ駄目だよ、
みゆちゃん、なんとかがんばって生きて、と念じていた。

だが今晩遅く、ももたんからみゆちゃんが亡くなられたとの
悲報を受けた。

ほんとに突然だったという。高齢で副腎を患っていたとはいえ、
何の兆候もなく、直前までは元気だったみゆちゃんなのに。
ももたんの今のお気持ちを思うと、ほんとにお気の毒で言葉
がみつからない。

尼崎の悲惨な列車事故の報道を見るにつけ、最愛の家族を
一瞬にして失うってどんなだろうと考えずにはいられない。

朝、いつもどおりに「行って来ます」と挨拶して出かけた
親や子どもが突然事故に巻き込まれて亡くなったら・・・
そのお気持ちは経験した人にしかわからないだろう。

乳児突然死症候群(SIDS)で、健康だった我が子を睡眠
中に何の前触れもなく失う親も多いという。愛する我が子
を突然失った悲しみやショックは計り知れないだろう。

何の前触れもなく突然訪れる肉親の死。ももたんにとって
みゆちゃんは最愛の我が子だった。悲しみに押し潰されて
いるももたん。みゆちゃんはももたんに今までのことあり
がとうって言ってると思うよ。みゆちゃんはたとえ肉体は
失っても、これからもももたんのそばにずっといると思うよ。

みゆちゃんのご冥福をお祈りいたします。
b0041307_424013.jpg

[PR]
by akaneiona | 2005-04-28 04:05 | その他
<< もえもえ萌ぇ~ 走る~♪走る~♪萌た~ん♪ >>