間一髪セーフ
あかねといおなを保護した地域のエサやりさんから3月末に
生後2ヶ月位の仔猫がエサ場に来たと連絡を受けた。

昨夏、その地域の♀猫は確認できた限り、すべて避妊して
ある。だが、共同保護主のももたんから、最近パトロール
中に三毛猫を目撃し、近所のアパートの人が出入り自由に
している猫らしいと聞いていた。

ももたんはその飼い主に三毛猫を外に出すなら、不幸な猫を
増やしたくないので、費用は負担するから避妊させてほしい
と何度か手紙を書いたのに、無視され続けていた。
おそらくその三毛猫が産んでしまった仔猫だろう。

エサやりさんにまた仔猫が来たら確認したいのですぐに連絡
してほしいと頼んでおいた。

だがなかなか連絡が来ない。かれこれ1ヶ月が経過し、音沙汰
なしなのでこちらから連絡してみたところ、時々現れるのだが、
最近オス猫に追いかけ回されていて、なんだかお腹が大きい
みたいだという。


ぞーーーっと血の気が引いた。いくらなんでも生後2-3ヶ月の
仔猫は妊娠しない。最初の2ヶ月位というエサやりさんの
見立てが間違っていたのだろう。一刻も早くつかまえて手術し
なければ。せっかくももたんと二人で苦労してきれいにした地
域にまたどんどん猫が増えてしまう。去年の二の舞はこりごり
だ。

慌ててエサやりさんの所に捕獲器を持参し、使い方を教えて
預けた。滅多に来ないというので、現れた時にチャンスを逃さ
ないようにだ。

そして数週間が経過した18日夜、エサやりさんから捕まった
と連絡が入った。すぐに現場に急行し、そのまま動物病院へ
運んだ。

やはり妊婦だった。3匹お腹に入っていた。間一髪セーフ。
間に合った。胎児はかわいそうだけれど処置してもらった。


b0041307_22125110.jpg


まだ生後半年ちょっとの仔猫だろうか。顔がすごく小さいし、
身体も華奢だ。数匹のオス猫に追い掛け回され、とても気の毒
だったとエサやりさんも言っていた。耳に手術済みの印にピア
スをつけてもらった。

b0041307_22132074.jpg


猫は交尾排卵なので受胎率が非常に高い動物だ。ストレス
発散のためにほんの短時間外に出したくらいで妊娠などする
はずないと高をくくっている飼い主が意外と多いけれども、避
妊・去勢をしていなければごく短時間でも外で交尾して子孫を
増やしてしまう。

特にオス猫の飼い主には無頓着な人が多い。野良猫が増えて
困っているという地域も野良猫に責任はない。避妊・去勢せず
に出入り自由にしている無責任な人間が元凶の一つになって
いる。
[PR]
by akaneiona | 2005-05-20 23:24 | お外の猫
<< チビ、たぬきになる しこり >>