目がなくたって



今シーズン出会った子猫の中でもピカ一かわいい
子猫をご紹介します。




b0041307_12007.jpg
            ボク、チョビです。ヨロシクね♪




b0041307_121205.jpg
           ボク、両目の眼球が萎縮しちゃってるんだ






b0041307_122384.jpg
     視力はないけど、ボク強いから、全然へっちゃらさ






b0041307_1285979.jpg
         健康状態はバッチリなんだ





b0041307_1241947.jpg
  「チョビくん」て呼ばれると「にゃ~ん」ってお返事もできるんだ







b0041307_1254269.jpg
ボクって醜いですか?ママさんは愛嬌たっぷりでかわいいよって言ってくれるんだけどな







b0041307_1265883.jpg
  将来は大吉兄たんみたいなでっかいキジトラになりたいナ







b0041307_1275892.jpg
            茶トラの兄たんにも甘えちゃおうっと。






b0041307_130279.jpg
  ボク、ひとりぼっちなの。誰かボクの家族になってくれませんか?





チョビくんは多摩川下流の河川敷近くに1匹でうずくまっている所を
ボランティアさんに保護されました。母猫に見捨てられたのかもしれ
ませんが、その一帯は野良猫の避妊去勢もかなり進められ、個体
管理しながらのエサやりが行われている地域なので、チョビくんは
心無い人間に捨てられた可能性があります。

両目の眼球が萎縮してしまっているため、視力は望めません。しかし
とても利口な子で、呼べば返事をするし、いつも保護主さんの後を
ちょこちょこついて歩くそうです。たまに段差などでつまづくこともあ
りますが、トイレも失敗せず、所定の位置でしているそうです。

室内で暮らす分には目の見えないことは猫にとってさしてハンディ
キャップにはなりません。それは他の猫となんら変わりない生活を
し、キャットタワーの頂上までも自由自在に上り下りしている我が家
のシャラがすでに実証済みです。

目の見えない猫と暮らしていることで、とりたてて苦労も負担も
感じたことはありませんし、それどころかさまざまな「気づき」をもた
らしてくれ、人生を豊かで幸せなものにしてもらっていると感謝して
いるほどです。


めやにが出やすいので、それをふき取ってあげて雑菌が繁殖しない
よう目を清潔に保ち、一日に2-3回、目薬を点眼してあげること、
チョビくんに必要なケアはそれだけです。その他は普通に日常生活を
送ることができます。

撮影のために数時間、一緒に過ごしただけですが、まるで人間を
母猫と勘違いしているかのように、膝に乗ってすりすり甘え、キュ
ートな仕草と表情に魅了されてしまいました。そうかと思うとちょこ
まか部屋を探索したり、我が家の猫たちと積極的に挨拶を交わし
たりと、好奇心旺盛で元気ハツラツな男の子でした。

チョビくんがかわいそうだから、不憫だからという同情心からでは
なく、ラブリー&プリチーな子猫チョビくんと一緒に暮らしてみたい
という方がいらっしゃいましたら、ぜひ家族に迎えていただけない
でしょうか。何卒よろしくお願いいたします。









仮名:チョビくん

体重350g、3週齢くらい。フロントライン投与。
検便2回実施、異常なし。念のためレボリューション1回投与。
ワクチン、血液検査はまだ小さいため実施しておりません。

一般検診済み、健康状態良好。
眼球萎縮のため視力はなし。目薬を適宜、点眼。
トイレしつけ済み。食事はミルクと缶詰を併用中。

離乳して、生後1.5ヶ月位になってからの譲渡で
かまいません。まだ小さいので在宅時間が長い方を
希望いたします。


ご見学大歓迎です。お問合せはブログ管理人ひろぞうまで
メッセージをお願いいたします。
[PR]
by akaneiona | 2007-06-21 02:09 | ★里親さん募集中の猫
<< 捨て猫 飼い主急死 >>