カテゴリ:その他( 72 )
Just A Cup of Coffee on the Wall -壁のコーヒーを1杯-



数日前にツィッターで回覧されてきて、昨日もラッキーちゃんを一時預かりして
里親さんを探してくださったチビちゃん & 私さんからご転送いただいたお話、
とても心あたたまるものでしたので、ご紹介させていただきます。

もともとはインド人のNishu Mathurさんが書かれたポエムで、それがネットを通じて
脚色され、あっという間に世界中に広まったようです。



           A Cup of Coffee on the Wall

I sat with my friend in a well-known coffee shop in a neighboring town of Venice, the city of lights and water. As we enjoyed our coffee, a man entered and sat on an empty table beside us. He called the waiter and placed his order saying, ‘Two cups of coffee, one of them there on the wall.’

We heard this order with rather interest and observed that he was served with one cup of coffee but he paid for two. As soon as he left, the waiter pasted a piece of paper on the wall saying ‘A Cup of Coffee’.


While we were still there, two other men entered and ordered three cups of coffee, two on the table and one on the wall. They had two cups of coffee but paid for three and left. This time also, the waiter did the same; he pasted a piece of paper on the wall saying, ‘A Cup of Coffee’.

It seemed that this gesture was a norm at this place. However, it was something unique and perplexing for us. Since we had nothing to do with the matter, we finished our coffee, paid the bill and left.

After a few days, we again had a chance to go to this coffee shop. While we were enjoying our coffee, a man entered. The way this man was dressed did not match the standard nor the atmosphere of this coffee shop. Poverty was evident from the looks on his face. As he seated himself, he looked at the wall and said, one cup of coffee from the wall. The waiter served coffee to this man with the customary respect and dignity. The man had his coffee and left without paying.

We were amazed to watch all this when the waiter took off a piece of paper from the wall and threw it in the dust bin. Now it was no surprise for us – the matter was very clear. The great respect for the needy shown by the inhabitants of this town welled up our eyes with tears.

Coffee is not a need of our society neither a necessity of life for us. The point to note is that when we take pleasure in any blessing, maybe we also need to think about those people who appreciate that specific blessing as much as we do but they cannot afford to have it.

Note the character of this waiter, who is playing a consistent and generous role to get the communication going between the affording and the needy with a smile on his face.

Ponder upon this man in need….he enters the coffee shop without having to lower his self-esteem…he has no need to ask for a free cup of coffee…without asking or knowing about the one who is giving this cup of coffee to him… he only looked at the wall, placed an order for himself, enjoyed his coffee and left.

When we analyze this story, along with the other characters, we need to remember the role played by the wall that reflects the generosity and care of the dwellers of this town.



心ない飼い主に捨てられたり、路上で生まれたりして、寒い中、お腹を
空かせて外をさまよっているホームレスの猫たちも、そんな猫を哀れに
思う地域の人たちのささやかな善意に支えられてやっと生きています。
邪魔者扱いして追い払うのではなく、地域の人たちで少しずつお金を
出し合ってTNRを進めれば増えて困ることはなくなります。
だから、のら猫をいじめないでください。エサを与える人を悪者扱いしない
でください。そして、もしできたら、お家に入れてあげてください。




b0041307_141816.jpg
  シャラと大吉、どちらもかつては外で生きていた





b0041307_14174360.jpg
  お外の子が人間から疎まれず、生きていけますように
[PR]
by akaneiona | 2013-01-25 14:24 | その他
meow meow Google

ついに・・・

Google 音声検索が動物の鳴き声にも対応しました。




 [このプロジェクトは、ペットをオフィスに連れてくることも多い
 本社の社員が、音声検索の社内テスト中にふざけて自分のペットで
 認識テストをしてしまったことから始まりました。
 本来、入るはずのないノイズに気づいた日本のエンジニア、中嶋
 海介は、この音声を分析中、波形パターンに独特の傾向があることを
 見つけました。そして、それが動物の声であることがわかったあと、
 20%ルールを活用して研究を進めました。その結果、Google音声
 検索の優れた認識率を実現する声道長正規化が一部の動物にも応用
  可能であることを発見したのです。]

[PR]
by akaneiona | 2010-04-01 07:49 | その他
「ドリームボックス」-夢の箱ならぬ死の箱

「飼い主に見捨てられた犬の問題に対する日本の過激な対応」
題して、「ドリームボックス」のことがBBCで取り上げられています。



日本時間4/1午前1時過ぎのBBCニュースのトップ画面キャプチャ
(左下の方、シニード・オコーナーのインタビューの上)




このビデオを視聴した人は、dreamboxと聞いて皆、耳を疑うと
思います。dreamboxではなく、dreadful box、あるいは
death boxでは?
[PR]
by akaneiona | 2010-04-01 01:47 | その他
Thanksgiving turkey? 感謝祭に肉食について考える


日本人がお正月にお雑煮やおせちをいただくように、米国人は
感謝祭に家族が勢ぞろいして七面鳥のごちそうをいただくようで、

ホワイトハウスでは歴代の大統領が七面鳥の恩赦式を行うのが
この20年、恒例になっていて、恩赦された2頭の七面鳥だけは
食卓に供されることなく、命拾いをして、おだやかな余生を送る
ことになっているのですが・・・





"Modern turkeys are not bred for longevity. To the contrary, they're genetically manipulated to fatten as quickly as possible and die. Breeding for commercially desirable traits--mainly large breasts--has created turkeys that are so top-heavy they can hardly walk. Sex is equally out of the question, as distortions make it physically impossible for the birds to mate (all commercial turkeys are artificially inseminated). And what's been done to them externally has an internal counterpart. Heart attacks, for example, are common in young turkeys, something that never happens in the wild. "



七面鳥に限らず、食肉用に飼育されている動物-家禽・家畜類の
ほとんどは同じような状況なのでしょう。私たちがふだん口にしている
鶏肉、豚肉、牛肉などのもとになる動物は、生産性向上、利潤追及の
ために遺伝子レベルで改良が重ねられ、その動物の本来の姿とはおよそ
かけ離れ、自然界では生きられない一種の奇形として生まれ、
およそ生き物としてのまっとうな扱いなど受けることなく、それどころか
虐待に等しい扱いを受けながら短い一生を終えていくわけです。



Animal, Vegetable, Miserable
 by GARY STEINER




"Many of the people who denounce the ways in which we treat animals in the course of raising them for human consumption never stop to think about this profound contradiction. Instead, they make impassioned calls for more “humanely” raised meat. Many people soothe their consciences by purchasing only free-range fowl and eggs, blissfully ignorant that “free range” has very little if any practical significance. Chickens may be labeled free-range even if they’ve never been outside or seen a speck of daylight in their entire lives. And that Thanksgiving turkey? Even if it is raised “free range,” it still lives a life of pain and confinement that ends with the butcher’s knife.

How can intelligent people who purport to be deeply concerned with animal welfare and respectful of life turn a blind eye to such practices? And how can people continue to eat meat when they become aware that nearly 53 billion land animals are slaughtered every year for human consumption? The simple answer is that most people just don’t care about the lives or fortunes of animals. "


私はベジタリアンでも、ましてやビーガンでもないので、何も
偉そうなことを言う資格はないのですが、こういう記事を読むと、
肉を食べることについて、考え込んでしまいます。食べものを
無駄にしないとか、感謝して食事をいただくという言葉で、自分の
行いをごまかし続けていてよいのだろうか、と。

のらねこがかわいそう、とか言っておきながら、食肉にされる動物の
扱いについては目をつぶって、肉食を続けているのは自己矛盾、
偽善者もいいところです。






--------------------------------

       ♪やさしい里親さんをお待ちしています♪





b0041307_5481933.jpg
             【アリ】里親さん募集中





b0041307_55016.jpg
              【ナッコちゃん】里親さん募集中






b0041307_5574138.jpg
             【クロミツちゃん】里親さん募集中






---------------------------------





           救える「いのち」があります。
           「マチカさんのミニトートバッグ」

      売り上げは全てお外の猫たちのTNRに使われます。
         ご協力よろしくお願いいたします。







      




   バナー貼付に協力していただけるブロガーさんも絶賛募集中です。
              よろしくお願いいたします。




[PR]
by akaneiona | 2009-11-27 05:40 | その他
猫の里親会&写真展in三鷹


アヤちゃんの里親探しの際にもお世話になった
人と猫の共生を図る対策会議さんからのお知らせです。



お世話になっています。

昨年に引き続いて、私学の集いに参加します。
今年の会場は、三鷹(井の頭公園)の法政中学・高校です。
教育現場での開催と言うことで、
nekonokoさんとネコサマさんにも協力してもらって、
動物愛護の写真・パネル展にも力を入れます。
猫グッズ販売もあります。

また、主催者側のドキュメンタリー映画「ひめゆり」の上映もあります。
残り少なくなった、沖縄戦ひめゆり部隊の貴重な生き残りの方々の証言を聞く(見る)ことができます。
戦争中、何の罪もない動物たちがたくさん犠牲になりました。
平和と動物愛護は同じことだと思います。

広告・宣伝をよろしくお願いいたします。
会場でお会いできますように。

nekonokoさんのサイト http://nekonoko.chu.jp/event

会場地図 http://www.hosei.ed.jp/access.html




b0041307_14201861.jpg


井の頭公園やジブリの森の近くです。お時間の
ある方は16日、散策がてらお出かけになって
みてはいかがでしょうか。
よろしくお願いいたします。


1匹でも多くの保護猫に、運命の里親さんとの
出会いがありますように。



[PR]
by akaneiona | 2008-11-12 13:56 | その他
代々木公園で猫のお見合い写真展


今週末、代々木公園で開催されるベジタリアンフェスティバル
猫のお見合い写真展が開かれるそうです。



b0041307_165860.jpg



日時 10月18日(土)・19日(日)午前10時~午後5時 
場所 代々木公園NHKホールけやき並木


会場では同時に、猫へのえさやりを一律に禁止した
荒川条例に反対する署名活動も行われるそうです。

詳しくはこちら


土日両日、お天気も良さそうですし、お時間のある方は
ぜひ代々木公園までお出かけになってみてはいかが
でしょうか。よろしくお願いいたします。


[PR]
by akaneiona | 2008-10-17 23:02 | その他
みなと区民祭りで猫の里親会



10月11日(土)11時~17時、12日(日)11時~16時
芝公園で開催されるみなと区民祭りにて【人と猫の共生を図る対策会議】さん主催の「猫の里親会」が開かれます。
里親会ブースへは都営地下鉄三田線御成門駅A6出口下車が便利です。

下記で募集している【アヤちゃん】も保護主さんとともに
両日、参加予定です。他にもかわいいにゃんこがたくさん参加して
います。お近くの方は、ぜひ会場に足を運んでみて下さい。
どうぞよろしくお願いいたします。




b0041307_1228458.jpg
「みなと区民祭り里親会場でお待ちしていますニャ。よろしくニャン♪」by【アヤちゃん】




[PR]
by akaneiona | 2008-10-11 12:28 | その他
【ぽんぽこちゃん】





b0041307_402527.jpg
3年前の【ぽんぽこちゃん】



3年前に老猫ホームに入所した頃の【ぽんぽこちゃん】。
今よりだいぶふっくらしていてその名の由来通り、お腹が
まだぽんぽこだったね^^今は体重2.4キロに減ってしまった
そうだ。




b0041307_425876.jpg




一足先にお外から引退した姉妹の【ののちゃん】は一昨年
亡くなった。【ののちゃん】の分まで長生きして、目指せ、
ウルトラスーパーおばあちゃん!



[PR]
by akaneiona | 2008-02-13 03:54 | その他
スーパーおばあちゃん





【メグちゃん】と【ももちゃん】の写真撮影に行った際、以前
2年近く外でエサやりを手伝ってきた【ぽんぽこちゃん】と
再会。懐かしい。


b0041307_3403620.jpg
【ぽんぽこちゃん】お久しぶり、元気そうだね



【ぽんぽこちゃん】は捨てられて15年以上、お外で先輩
エサやりさんに世話されて生きてきた。15歳を過ぎてお外の
生活がきつくなってきたので引退。今は預かりさん宅で穏や
かな余生を過ごしている。いまだ食欲旺盛で、a/d缶が
好物だそう。



オントシ18歳。人間でいえば100歳超の「スーパーおばあちゃん」
だろう^^



b0041307_342838.jpg
お達者【ぽんぽこちゃん】-スーパーおばあちゃん




バッテリーが切れてしまい、撮影できなかったが、【ぽんぽこちゃん】
と同様に年老いてお外の生活を引退させてもらい、隠居生活を
送っている同じく18歳の【チロちゃん】、【カンナちゃん】とも再会
してきた。【チロちゃん】はボケてしまっているけれど、太って毛づや
も良い。嗚呼、花の18歳トリオだわ^^



年老いてお家の中に入れてもらい、楽さえてもらえる【ぽんぽこ
ちゃん】達は本当に恵まれている。外猫でこんな風に幸せな老後を
過ごさせてもらえる猫がいったいどれだけいるだろう。

何もかもきめ細やかなケアをして大事に世話してくれる預かりさんと
仕送りを続けるエサやりさんのおかげ。お二人に心から感謝。




b0041307_346129.jpg
      【ぽんぽこちゃん】-元気で長生きしてね




[PR]
by akaneiona | 2008-02-12 03:35 | その他
どっきり年賀状





元旦に差出人不明の年賀状が届いた。


b0041307_2265949.jpg







  ○○○○○様(私の名前)
     猫ちゃま達

-新年を迎えましたがかわいい猫さん達は元気で
幸せに暮らしていますか。

どの子も皆、かわいいので、大切に育てて下さい。-




筆跡はどう見ても母のものである。

ということは・・・
ひょっとして実家で子猫を保護して飼い始めたのか!?
それも一度に5匹も!!
背景は実家の日本間に似ていなくもない。
年齢的に子猫はもう無理、と言っていたのに・・・


でも、両親からは別に年賀状が届いているし・・・
一体何なんだ?



昨年流行った「猫鍋」のポストカード、とわかるまで
ほんの一瞬ですが、本当にドッキリしました。


母よ、心臓に悪いイタズラはやめてください。



[PR]
by akaneiona | 2008-01-07 02:24 | その他