カテゴリ:猫( 39 )
週間朝日、猫に濡れ衣

里親さんから今日、メールを頂いて知ったのですが、
週間朝日の12/4最新号、誤解を招く、ひどい煽りの見出し
だと思います。





今月初めに米国で飼い主から飼い猫に新型
インフルが感染した例が初確認された
とのニュースを
目にした時から、日本でこうした誤解を招くセンセーショナルな
報道がされなければよいが、とひそかに危惧していましたが、
現実のものになってしまいました。


人間が感染を広め、それがたまたま飼い猫にうつり、猫は
むしろ被害者の立場なのに、あたかも猫が人間の新型インフル
流行の主要感染源であるかのように主張するのは、濡れ衣もいい
ところです。

教えて下さった里親さんは、激しく怒りに震えて、同誌編集部へ
抗議の電話をされたそうです。


数年前に中国や東南アジアを中心にSARSの騒動が起きた時は、
それまで日本でペットとして飼われていたハクビシンがSARS
ウイルスの感染を媒介すると報道されたがゆえに、狼狽した
飼い主にひそかに捨てられ、それが各地で繁殖してしまいま
した。

事実、大田区や世田谷区の住宅街でTNRのための捕獲作業を
していると、時々ハクビシンを見かけます。屋敷森に棲みついて
いるようです。

この報道により、捨て猫が増えなければよいのですが・・・
マスコミは社会的影響を考えて、慎重な報道をしてほしいです。

「地域猫の作り方」のちゃま坊さんもこの記事に噛みついておられます
大変参考になります。




-------------------------------


              
         ♪やさしい里親さんを募集しています♪




b0041307_1619194.jpg
053.gif【不幸にも火事でエサやりさんが亡くなってしまったクロちゃん】056.gif





-------------------------------



           救える「いのち」があります。
           「マチカさんのミニトートバッグ」

      売り上げは全てお外の猫たちのTNRに使われます。
         ご協力よろしくお願いいたします。







      



   バナー貼付に協力していただけるブロガーさんも絶賛募集中です。
              よろしくお願いいたします。
[PR]
by akaneiona | 2009-11-26 05:19 |
「商品」は幼い命


『再び移動して店に到着するまでの間、または店頭に並ぶ前に、
ストレスや管理の杜撰(ずさん)さから命を落とす個体は少なくない。
その数は、ある全国展開するペットショップで年間200は下らない
という。こんなことが営々と続けられてきた理由は、ニーズがある
からだ。私たち消費者が人気犬種を欲し、幼い子犬子猫を求めて
きたからに他ならない。








先日、生まれたての子犬がある所に捨てられた。相談を受けた
猫仲間の口利きで、犬を数匹飼っていらっしゃる知り合いの方が
預かって少し大きくなるまで人工哺乳で育て、良いところに里子に
出して下さった。

その子犬を診察した、お世話になっている動物病院の先生が、
「患者さんが連れてくるのは、ペットショップやブリーダーから
購入した子犬がほとんどで、みな発育不全で痩せ細っている。
いつもガリガリの子犬ばかり見慣れているので、こんなに丸々と
太った子犬を診るのは久しぶり」とおっしゃったそうだ。


b0041307_327198.jpg


一部のペットショップやブリーダーでは、子猫子犬の身体が
大きくなってしまうと売れなくなるので、わざと食事を所要
量与えないと聞く。

一番栄養を必要とする成長期に十分な栄養がもらえず、
発育不全で病気や障害が出る子も多い。また、売れ残って
しまった子は、密かに処分されているそうだ。



b0041307_3273322.jpg




「いのち」が「商品」として売り買いされる時、必ずこういう
弊害が出てくる。その犠牲になるのは小さな「いのち」です。



b0041307_3301397.jpg

[PR]
by akaneiona | 2009-11-22 03:30 |
Simon's Cat


Simon's Catの作者、Simon Tofield さんがBBCにご出演。
Youtubeでの4500万ヒット(!)を記録して。



猫と暮らしている人なら誰もが経験するような日常の風景が
ユーモラスに描かれている、猫好きにはたまらないアニメーション。


Tofield さんもインタビューでおっしゃっているように、
"My cat does that!"(「うちの猫もこれ、やる、やるっ!」)と
動画を見ながらと思わずつぶやいてしまいます。
猫と人間のlove lifeは万国共通なんですね。



お気に入りは、インタビューでも紹介されているこれ↓





我が家でも毎朝、同じような光景が繰り広げられ・・・・
「ひろぞう、メシだ、メシ!」と猫たちに実力行使でたたき
起こされます。でも、さすがにバットは使いませんけれどね(^^;


公式サイト:Simon's Cat

日本ではまだ本が出ていないみたいですね。


Tofield さんのインタビューを拝見していて、彼の語り口や表情から
この方、本当に猫がお好きなんだな、という印象を受けました。
新作が楽しみです。




              
         ♪やさしい里親さんを募集しています♪





b0041307_1619194.jpg
053.gif【不幸にも火事でエサやりさんが亡くなってしまったクロちゃん】056.gif





-------------------------------



           救える「いのち」があります。
           「マチカさんのミニトートバッグ」

      売り上げは全てお外の猫たちのTNRに使われます。
         ご協力よろしくお願いいたします。







      



   バナー貼付に協力していただけるブロガーさんも絶賛募集中です。
              よろしくお願いいたします。
[PR]
by akaneiona | 2009-11-18 16:25 |
種族を超えた友情



猫は犬や子どもが大変苦手と思っている方が多いかも
しれません。小学生や未就学児童のいるご家庭には、
子どもが猫を追いかけ、いじくりまわして猫にストレスを
与えてしまうからと保護猫を譲渡しない方も多いいらっ
しゃいます。

しかし猫にもいろんな性格の子がいて、ワンコのように
にぎやかで社交的、人なつこい猫もいますしし、子どもや
犬と一緒にはしゃいで遊ぶのが大好きな猫もいます。

これまでの経験から言うと、あくまでもケースバイケー
ス、お互いの性格や相性、その家庭の雰囲気によるとこ
ろが大きいよに思います。一般的に子猫のうちから一緒に
すると、犬や子どもとの同居生活にすんなりと順応できる
ことが多いようです。

犬も猫も子ども一緒に仲良く暮らしている里親さんも多数
いらっしゃいます。また私の祖父母の家では昔、家族が
拾ってきた猫に犬が授乳して、育てていたそうです。


b0041307_1631502.jpg
里親Yさん宅のモカ&ココアちゃん(元の茶つぅー姉妹)




b0041307_16344398.jpg
里親Fさん宅のハヤテくん(元のベイビーちゃん)-ご長男や小虎ちゃんとお昼寝





b0041307_16355772.jpg
里親Iさん宅のモコちゃん(元のジュリちゃん)-小学生のお嬢ちゃんと





b0041307_16363827.jpg
里親Sさん宅のももちゃん(元のじゃじゃまる君)-猫語が話せるというお嬢ちゃんと^^





b0041307_16431344.jpg

昨年5月に里子に出たケイタくん(元のトーマくん)-中学生のお兄ちゃんと





b0041307_16441453.jpg
                最近のケイタくん




b0041307_16381231.jpg
同じくももちゃん-ワンちゃんも全然平気、殿様枕にしちゃってます(^^;






ただし、猫は家につく、ということわざもあるように、環境の
変化を嫌います。あくまで猫は犬とは別の生き物ということ
を肝に命じ、屋外に散歩に連れ出したり、車でドライブ旅行に
連れていったりということは絶対やめた方がいいと思います。
リードやハーネスが外れて、行方不明になってしまう事故が
実際多数起きているのです。


なぜわざわざこんなことを書いたかというと、犬猫両方と
暮らしている方のなかに、長時間のお留守番はかわいそう
だから、外出の時も一緒に車に乗せて出かける、
あるいは旅行や帰省の時は猫も一緒に連れて行くことを、
むしろ猫のために当然と思っている方が多いためです。

そういう方から猫の里親希望のお問合せを時々いただく
のですが、犬との同居を敬遠しているのではなく、飼い主
さんが猫も犬をスタンダードにして考えておられ、「猫は
決して家から出さないで下さい」とご説明しても、「休暇は
別荘に一緒に連れていきます。でももちろん完全室内飼い
にしますよ」などと話がまるでかみ合わず、お断りすること
が多いのです。




[PR]
by akaneiona | 2008-01-29 16:04 |
It's a beautiful night





b0041307_059174.jpg




ふと振り向けばホットカーペット上に8ニャンが
集結していた。
このサイズの猫玉は今季初かな?



b0041307_105320.jpg
【キートン】-「みんな一緒だとあったかいニャ♪」



残る【バーバ】はさっきから膝上の特等席に・・・

It's a beautiful night(^-^)




[PR]
by akaneiona | 2007-10-26 23:53 |
秋深し、隣はなにをする猫ぞ





b0041307_22481060.jpg
【ゴンゴン】-ホクホクの焼き芋風






b0041307_22492996.jpg
【バーバ】-フワフワ真綿風。体調はタイトロープ、でもステロイドをできるだけ使わずになんとか持ち堪えている







b0041307_23104550.jpg
【バーバ】-穏やかな横顔、ずっと【バーバ】と一緒にいたいよ





b0041307_22521454.jpg
【シル】と【さっちゃん】-あまりカメラを怖がらなくなってきた





b0041307_2253887.jpg
【さっちゃん】-保護して1年半、やっと枕元で寝てくれるようになった!感涙!





b0041307_22541950.jpg
【シル】-永遠の我が家の末っ子。寝る時はいつも一緒の枕で赤ん坊のように甘えるかわいい子





b0041307_22554624.jpg
【シャラ】-子猫たちの面倒もよくみてくれる、本当に思慮深い子





b0041307_22572731.jpg
【ダイアン】-平べったい寝顔がかわいい





b0041307_22582327.jpg
【キートン】-昨日の通院の疲れが出たのか、今日は下痢気味。ゆっくりお休み。




b0041307_22595665.jpg
【大吉】-しばし子育てから解放されてひとりっきりで眠る。




と、ここまで今日のみんなの写真を載せてきて、【ミウちん】だけ
撮影していなかったことに気づき、急きょフラッシュ撮影。




b0041307_2355486.jpg
        【ミウちん】-「私のこと忘れてんじゃないわよ^^」



というわけで、おかげさまで我が家のニャンズはみな、
つつがなく暮らしております。この子達ともっと一緒に
過ごせるよう、9月からraimuさんやオグちゃんと一緒に
続けている徹夜の捕獲だけでも一日も早く終わらせたいな、
と思います。




[PR]
by akaneiona | 2007-10-24 23:16 |
冬の足音



今日は寒かったです。
冬がもうそこまでやってきているのですね。



b0041307_22194520.jpg
ピタッとくっついてアンパンマンほっぺになる【シャラ】と【シル】





b0041307_222114100.jpg
子持ちシシャモ化する【ゴンゴン】と【キートン】





b0041307_22231269.jpg
スカッとした秋晴れを待ち望む寒がり【ゴンゴン】と【バーバ】





猫団子をつくってまったりしているうちのニャンズを尻目に、
人間はせっせせっせと外猫の捕獲・不妊手術に専心してい
ます。家のない不幸な猫を減らすには、とにかく不妊手術
あるのみです。本格的な冬が訪れる前に1匹でも多くの外
猫の手術を終わらせる。それが目下の最優先課題です。


[PR]
by akaneiona | 2007-10-16 22:25 |
火事の恐怖再び

ミーちゃん、ワカ(ラル)くん、シュウくんの3猫きょうだいが
焼け出された大火事が起きたのが昨年のちょうど今日
1月25日深夜でした。

あれからもう1年経つんだなあと思っていたら、今日の昼前に
また近所で火災がありました。ニュースで報道されていたので、
ご覧になった方もあるかもしれませんが、区の高齢者用住宅から
火が出て、火元と見られる入居者の80代のお年寄り一人が亡く
なりました。前回の火災ほど近所ではなかったのですが、窓から
煙が上がるのがよく見えました。

動物と暮らしていると、とりわけ火災は怖ろしいです。愛する猫たち
の命を守るために、火が迫り、煙に包まれた時に冷静に判断し、
行動できるか。


動物は火を恐がるといいますから、猫もパニックに陥るはず。その
興奮した猫たちを手早くキャリーやケージに入れて、無事に避難
させることができるのか。

日頃から避難経路を確認したり、イメージトレーニングを重ねて
おかなければ。本当は猫全員をキャリーに入れて、次々に運び出
す消防避難訓練も実際に行う必要があるのでしょうね。

大吉、シル、シャラ、バーバ、コニタンは簡単にキャリーに入って
くれるのですが、ミウちんとさっちゃんは短時間では無理、悪戦苦
闘必至なので、今火事が起きたらアウトなのです。

少なくとも自分からは火事を出さないよう、火の元には十分注意しな
ければとあらためて痛感しました。


b0041307_073097.jpg
         どちらさまも火の元にはお気をつけ下さい
[PR]
by akaneiona | 2007-01-25 23:53 |
明けましておめでとうございます。

すっかりおくれてしまいましたが・・・

明けましておめでとうございます。
旧年中は皆さまに「あかねといおな日記」をご愛顧いただき、
誠にありがとうございました。
本年も不幸な猫が1匹でも減るように、ささやかながら努力して
参りたいと思いますので、皆さま、どうかよろしくお願い申し上げ
ます。


b0041307_18244670.jpg
左上からラル、大吉、ばーちゃん、コニタン、シルビー、シャラ




b0041307_18245641.jpg
そして、さっちゃんとミウちん-あたちたちもお忘れなく^^
[PR]
by akaneiona | 2007-01-07 18:24 |
冬の陽だまりを追いかけて

めっきり日が短くなりました。
でも冬場は日が低いので、晴れた日は窓からたくさんの
陽射しが差し込んできます。

この時期に活躍するのがキャスター付きのケージです。
日向ぼっこする猫たちのために、窓辺にケージを置いて
おきます。猫のいる場所にちょうどお日様があたるように、
陽だまりを追いかけ、まるで日時計のようにケージを少し
ずつ移動させていくのです・・・


b0041307_1833995.jpg
     【大吉】と【シャラ】-夕暮れ時、2段ケージの屋上で



b0041307_18131579.jpg
    2階には【コニタン】-日があたってますます黄金色に



b0041307_1854888.jpg
       1階には【バーバ】-ひたすら眠る冬眠状態



b0041307_1871295.jpg
        2階の住猫と屋上の住猫はあまり交流がない(^^;



b0041307_1894093.jpg
     2階の住猫はよく1階の老婆の慰問に出かけます^^
[PR]
by akaneiona | 2006-12-04 18:15 |