「ほっ」と。キャンペーン
きょうだい一族全員集合


またしても新入りくんです。


b0041307_1512994.jpg
「はじめまして、ボク、ホルト。」





b0041307_155586.jpg
「一昨日から大吉ファミリーに入門したんだ。よろしくね」




【ホルト】は、【アリ】のきょうだいで、今春生まれた男の子です。
【ナッコちゃん】、【アリ】と同じお母さんの子です。





b0041307_1594074.jpg
「えっ、アタチに弟なんていたかしらん?」と、すっかり【ホルト】を忘れてしまった【アリ】と【ナッコちゃん】




b0041307_15111598.jpg
【ホルト】、初日からこの通り、ドデーンとリラックス。大物っぷりを発揮してます。




b0041307_15122896.jpg
「そこのオジサン。今日からお世話になります。よろしくニャ」




こちらはご紹介が遅れましたが、10月上旬に保護した、
やはり同じママから生まれた黒猫の【マリア】です。
歯の状態などからの推定ですが、昨年春生まれかと。


b0041307_15144876.jpg
「【マリア】です。よろしくね」シャイな子ですが、だいぶ慣れてきました。





b0041307_15222456.jpg
7月に初めて会った時は、栄養失調で子猫みたいに小さくてガリガリだった【マリア】(我が家に来て間もない頃の写真です)




近所の猫嫌いの住民から、迫害されていたのでしょうか、
人間に対してはとても臆病な子です。最初はごはんをあげて、
いくらお腹が空いていても、私が道路の反対側に渡って、
隠れないと、食べに出てこれない位でした。




b0041307_1516119.jpg
でも、猫たちとは最初からフレンドリーですぐに仲良しになり、特に大吉とはラブラブです。



以前にお庭の猫たちのTNRをお手伝いした相談者さんから、
エサやりさんが病気で猫の世話をやめてしまい、小学生から
給食の残りをもらって生き延びている猫がいる、と通報を受けて、
ガリガリに痩せたこの子達の一族7匹に出会ったのが7月中旬。

それから毎晩、丑三つ時に猫たちにごはんをあげに通う毎日が
始まりました。

当初まだ3ヶ月位だった【アリ】や【ホルト】の兄弟を保護して、
里子に出してもらえないか、と頼まれましたが、最初の頃は、
あまりにも警戒心が強く、怯えきっていて、フーシャー激しく
威嚇し、まったく人になつかない状態でした。


出会ってから1週間ぐらいして、【アリ】【ナッコちゃん】【マリア】
【ホルト】のママは、まるで「この子達のことをよろしくね」とでもいうか
のように、突然いなくなってしまいました。子どもにエサ場を譲って、
他で出産しているのではないか、とずいぶん近所一帯を捜索、
聞き込みしましたが、まったく姿が確認できないので、おそらく
車に轢かれて亡くなったのではないかと思います。

さらに8月に入って、【ナッコちゃん】の子ども1匹も亡くなってしまい
ました。初産だったようで、子猫は1匹しかおらず、3ヶ月弱位まで
順調に育っていたのですが、交通事故で命を落としたようです。

【アリ】、【ホルト】にはもう1匹【タイガー】という茶トラのきょうだいが
いました。一番の大食いで、私がエサやりをはじめてからは、メキ
メキと太り、子猫なのにメタボが心配になるほどふっくら太って
今年中には何とか保護してやりたいと考えていました。

【タイガー】も最初は本当に臆病で、まったく人を寄せ付けない子
でしたが、最後の頃には行くと私の顔をペロペロなめ、お腹を出して
ゴロンゴロンするぐらいになついていました。

その【タイガー】が悲しいことに、11月に亡くなってしまいました。
風邪もまったくひいておらず、健康そのものだった【タイガー】が、
突然、エサを食べなくなり、最後はハアハア苦しそうに呼吸しながら
力を振り絞って、まるで最後のお別れをするかのように、会いに
出てきてくれました。【タイガー】の状態から判断して、誰かに毒物を
盛られたのではないかと思います。


最後に1匹だけ外に残った【ホルト】も、兄弟の【タイガー】のように
殺されてしまうかもしれない、と保護することを決断し、30日深夜に
家に連れ帰りました。

病院で去勢手術と検査、ワクチンをしていただき、2日に我が家に。

出会った頃は、威嚇と猫パンチが激しく、とてもビビリだったのに、
毎日通ううちに、どんどんなついて、甘えん坊に変身した【ホルト】。
台風で土砂降りの雨が降っていても、鳴きながら待っていてくれた
【ホルト】。エサやりを終えて帰ろうとすると、行っちゃいやだよう、と
Gパンを登って脚に抱きつき、ダダをこね、どこまでもついてきて
しまった【ホルト】を、やっとやっと家に入れることができて、感無量
です。



b0041307_15544472.jpg
【ホルト】-ゴロスリの甘えん坊



これで生き残った【ナッコちゃん】、【アリ】の一族は、全員我が家に
集合しました。みんな、今まで外で苦労した分、死んでいったママや
兄弟たちの分まで、いっぱい幸せになろうね。どうか、やさしい里親
さんと出会えますように・・・





-------------------------------
       やさしい里親さんをお待ちしております 





b0041307_1774816.jpg
       【オータム&リーフ里親さん募集中です♪

      



-------------------------------
 



           救える「いのち」があります。
           「マチカさんのミニトートバッグ」

      売り上げは全てお外の猫たちのTNRに使われます。
         ご協力よろしくお願いいたします。







      





b0041307_17121930.jpg
「私と同じ黒猫のクロちゃんがモデルになったトートバッグ、お一ついかが?」by【マリア】





   バナー貼付に協力していただけるブロガーさんも絶賛募集中です。
              よろしくお願いいたします。
[PR]
# by akaneiona | 2009-12-04 16:07 | ★里親さん募集中の猫
寒い時はやっぱり鍋


寒い時は、やっぱり鍋に限りますね。



b0041307_23542947.jpg
「冬はやっぱ猫鍋でしょう」byみなみちゃん


2007年7月に千葉に里子に行ったみなみちゃんの
里親さんから昨冬、送っていただいた猫鍋写真です。
すっぽり土鍋にはまったみなみちゃん、かわいいですね。


b0041307_23581863.jpg
こちらはみなみちゃんと一緒にもらわれた、れいくん(旧名:ラッキーくん)。「ボク、漫画好き」



れいくんは、幼いときに保護される前にお外でかかった
猫風邪(ウイルス性鼻気管炎-FVR)が慢性化してしまい、
今も涙目や鼻水などの症状が残っています。


b0041307_065928.jpg
保護当初のれいくん(ラッキーくん)




b0041307_0434148.jpg
保護当初のみなみちゃん(2007年6月下旬)




b0041307_074411.jpg
2007年7月初め、風邪治療で入院中のれいくん(ラッキーくん)



でもやさしい里親さんがこまめにケアして、鼻炎の症状が出た
時には点鼻や投薬、通院を続けてくださってくるおかげで、
れいくんの症状は落ち着いています。

子猫の時にかかった猫風邪がたとえ一生残ってしまう場合でも、
寒い時期にはお部屋の温度湿度を調節して暖かく過ごさせ、
栄養のあるものを与え、免疫が低下しないように気をつけること
で症状がだいぶ軽減されるようです。



b0041307_017450.jpg
きょうだいの中で一番小さかったれいくん(ラッキーちゃん)



れいくんは「アラマキ4きょうだい」の末っ子でした。


れいくん、みなみちゃんは実のきょうだいではありません。
どちらも無責任なエサやりが増やしてしまったいのちです。
猫仲間が保護し、入院させたときには、治療に手を尽くし
ましたが、すでに風邪が慢性化してしまいました。




b0041307_035087.jpg
パパさんのお膝に抱っこされるれいくんとみなみちゃん




里親さん、ふたりのことを大切に育ててくださり、
ありがとうございます。れいくんとみなみちゃんが、
いつまでも元気で仲良く過ごせますように。



b0041307_014232.jpg





-------------------------------
        やさしい里親さんをお待ちしております




b0041307_102954.jpg
        ウルルちゃん、里親さん募集中です♪





-------------------------------
 


           救える「いのち」があります。
           「マチカさんのミニトートバッグ」

      売り上げは全てお外の猫たちのTNRに使われます。
         ご協力よろしくお願いいたします。







      



   バナー貼付に協力していただけるブロガーさんも絶賛募集中です。
              よろしくお願いいたします。
[PR]
# by akaneiona | 2009-12-03 23:52 | 里子に出た子達
ニャニャちゃん・クロミツちゃん・ナッコちゃん、縁談が入りました♪
おかげさまで、ニャニャちゃん、クロミツちゃん、ナッコちゃんは
縁談が入りましたので、募集は一時、ストップさせていただき
ます。


b0041307_21435444.jpg
なぜ?と首をかしげるほど人気沸騰のニャニャちゃん





b0041307_22225273.jpg
                クロミツちゃん(左)、だいぶ大きくなりました。




b0041307_21455425.jpg
「ナッコちゃん、お見合いの時はもう少しおしとやかにしないとネ・・(^^;」



b0041307_21463389.jpg
     「お姉ちゃん、がんばってネー!」




b0041307_2147932.jpg
「あたちもついでにいかがでしゅか?」byアリ




みんな、幸せになれるといいね。
里親さん募集中の他のニャンコにも、一日も早く
良い縁談が舞い込みますように。




-----------------------------------


       ♪やさしい里親さんをお待ちしています♪




b0041307_2158367.jpg
【コチビちゃん】里親さん募集中





---------------------------------





           救える「いのち」があります。
           「マチカさんのミニトートバッグ」

      売り上げは全てお外の猫たちのTNRに使われます。
         ご協力よろしくお願いいたします。







      




   バナー貼付に協力していただけるブロガーさんも絶賛募集中です。
              よろしくお願いいたします。





[PR]
# by akaneiona | 2009-12-01 21:50 | ★里親さん募集中の猫
猫カレンダー Pt.2はご好評につき売り切れました


明日にも掲載しようと思っていた猫カレンダー Pt.2は、
ご好評につき売り切れ^^
おかげさまで、早々と里親さんが内定しました♪



b0041307_21302754.jpg
【ミルキーちゃん&モカちゃん】里親さん内定、おめでとう。






b0041307_21313695.jpg
ふたりのママは、この子達を産んだ後、亡くなってしまったそうです。





b0041307_21322325.jpg
孤児になってしまったふたりですが、保護してもらえてよかったね。




b0041307_21332520.jpg
この子達はたまたま運良く助けてもらえましたが、お外で生まれてくる子猫の多くが生後まもなくカゼをひいたり、車にひかれたり、カラスにつつかれたり、猫嫌いの住民に処分されたりして、死んでしまいます。




b0041307_21342318.jpg
母猫も毎年たくさんの子猫を産み続け、子宮がボロボロになり、子育てで体力を消耗しきって早死にしてしまいます。





b0041307_21354899.jpg
せっかく生まれても、助かる命はほんのわずか。逆立ちしても外の猫すべては救えません。




b0041307_2137932.jpg
       だからこそ産ませない、増やさない、TNRが必要です。




-------------------------------
              
         ♪やさしい里親さんを募集しています♪





b0041307_2144622.jpg
      emoticon-0152-heart.gif【川原に捨てられたお母さん猫から生まれたシロちゃん】emoticon-0155-flower.gif



-------------------------------




           救える「いのち」があります。
           「マチカさんのミニトートバッグ」

      売り上げは全てお外の猫たちのTNRに使われます。
         ご協力よろしくお願いいたします。







      



   バナー貼付に協力していただけるブロガーさんも絶賛募集中です。
              よろしくお願いいたします。
[PR]
# by akaneiona | 2009-11-30 21:47 | ★里親さん募集中の猫
来年のカレンダーですか?Pt.1


動物病院で年末にいただく来年のカレンダーですか?
というくらいにかわいい子猫たちの里親さんを募集中です。


b0041307_11392750.jpg
ヤッホー!
ボク、リーフ。左にいるのは妹のオータムだよ。よろしくね!





b0041307_11403967.jpg
はじめまちて。あたち、オータムよ。




b0041307_1141362.jpg
ボクたち、ママと生き別れになっちゃったんだ。




b0041307_11423123.jpg
ママがいなくて、こわくて側溝の中にリーフとふたりで隠れていたの。




b0041307_11432391.jpg
そしたら保護主さんがボクたちを見つけて、あったかいとこに連れてってくれたんだ。




b0041307_11441090.jpg
お腹も空いてたけど、ごはんをいっぱい食べさせてくれたの。




b0041307_1145384.jpg
ボクとオータムに、人間のママを探してくれるんだって。




b0041307_11454691.jpg
ママが恋しいわ。はやくママがほしいにゃ。




b0041307_1146266.jpg
お兄ちゃんのリーフともずっと一緒に暮らしたいにょ。




b0041307_11473284.jpg
オータム&リーフ、あたちたちの家族になって下さい、よろしくにゃ♪




b0041307_1149328.jpg
待ってるぜぇ♪byリーフ





【オータム&リーフ】、里親さん募集中。よろしくお願いいたします。



-----------------------------------


       ♪やさしい里親さんをお待ちしています♪





b0041307_11542394.jpg

【ウルルちゃん】里親さん募集中





---------------------------------





           救える「いのち」があります。
           「マチカさんのミニトートバッグ」

      売り上げは全てお外の猫たちのTNRに使われます。
         ご協力よろしくお願いいたします。







      




   バナー貼付に協力していただけるブロガーさんも絶賛募集中です。
              よろしくお願いいたします。



[PR]
# by akaneiona | 2009-11-30 11:55 | ★里親さん募集中の猫
速報!クロちゃん里親さん内定

火事でエサやりさんが亡くなってしまった【クロちゃん】に、
本日の里親会でめでたく里親さんが内定したそうです!

里親会のお手伝いに行かれていた猫仲間のTさんから
先ほど知らせていただきました。




b0041307_20131350.jpg
クロちゃん、おめでとう!嬉しいね♪


【クロちゃん】がごはんをもらっていた駐車場近くのマンションに
住んでおられるお兄さんも、亡くなられたSさんとお知り合いだったと
いうことで、残された猫たちのことが気になって、Sさんの猫が載って
いないかといつでも里親募集中を探して当方が投稿した募集記事
見つけられ、里親会場に【クロちゃん】の応援にかけつけて下さったそう
です。ありがたいですね。

お兄さんはSさんから生前、【クロちゃん】が産んだ子をもらってくれ
ないか?と聞かれたことがあるそうです。火事の後、レスキューに駆け
つけた時には【クロちゃん】の子猫は1匹だけ残っていました。猫仲間が
保護仲介して、病院でケアしてもらってから、猫の先行きを案じた近所の
お姉さんの埼玉のご実家に里子に迎えていただきました。




b0041307_20533712.jpg
埼玉へ里子に行った【クロちゃん】の子ども、保護直後、病院で


亡くなられたSさんは、40年以上にわたって、行き場のない猫を
多数保護し、のらねこのTNR(不妊手術)も自費で2000匹近くも
(!)行われ、文字通り、猫のために一生を捧げられた方でした。
区内の猫ボラの間では、Sさんは有名な存在でした。

実は私は亡くなられる2週間前に初めてSさんにお会いしました。
子猫の頭部が切断されるという痛ましい虐待事件があり、発見者
であるSさんが、交番や100番に通報しても、年寄りだからとバカに
されて相手にされない、というので、猫仲間と一緒に現場を確認し、
Sさんに付き添い、警察署に被害届けに行きました

虐待が起きた現場に向かう間も、路地裏に落ちている猫の糞を
近所の住民から苦情が出ないようにとSさんは一つひとつ新聞紙に
包んで回収し、黙々と片付けていました。エサは与えても、糞の
清掃を率先して行う人は少ないので、偉いなあと感心しました。

警察署でも、なんとか殺された子猫の無念を晴らしてやりたい、と
涙ながらに切々と訴えるSさんの姿が目に焼きついています。

【クロちゃん】が幸せになれて、きっとSさんもあの世で喜ばれて
いると思います。【クロちゃん】や残った猫たちのことが気がかりで
なかなか成仏できないのではないかと思います。安らかに成仏
していただきたいです。

Sさん宅やその近所にいた猫たちの中で、火事を生き延びた猫
数匹は、生前親交のあった猫仲間が手分けして保護してくれて
います。


b0041307_20414534.jpg
火事現場周辺から保護された【クロちゃん】の仲間たち



b0041307_20435985.jpg
Sさんと生前、親交のあった猫仲間さん宅の子に



画像が手元にありませんが、【クロちゃん】と同じく近所の駐車場で
ごはんをもらっていた三毛猫さんも、里親会のお手伝いに行かれた
Tさんが保護して下さいました。ゆくゆくは里親さんを募集することに
なるかもしれません。その時はよろしくお願いいたします。


Tさんから今、頂いたメールを一部ご紹介させていただきます。

昨日はSさんの四十九日でした。
クロちゃんが一番で内定したのも、天国のSさんのお導きかもしれませんね。


Sさん、【クロちゃん】幸せになれそうですよ。よかったですね。
どうか安心して眠ってください。合掌。


里親会の主催者さんやお手伝いに行かれたみなさま、そして参加
した猫さんたち、寒い中、お疲れさまでした。


b0041307_20493718.jpg
みなさん、応援ありがとうございましたby【クロ】
[PR]
# by akaneiona | 2009-11-29 20:54 | ★里親さん募集中の猫
【クロちゃん】が29日品川区での里親会に参加します。



不幸にも火事でエサやりさんが亡くなってしまった黒猫の
【クロちゃん】が、今週末29日(日)に品川区で開催される
NekoCubeさん主催の猫の里親会に参加します。










ぜひ【クロちゃん】に会いにいらして下さい。
他にもかわいい猫さんたちがたくさん参加するそうです。
どの猫にも、良い出会いがありますように。
よろしくお願いいたします。



b0041307_0494191.jpg
「里親会でお待ちしています」by【クロちゃん】




b0041307_0561034.jpg
クロちゃんを里親会に連れて行って下さるのらみいさんの保護猫【コボちゃん】もどうぞよろしく!)

[PR]
# by akaneiona | 2009-11-28 00:50 | ★里親さん募集中の猫
セーター猫とひっつき猫



帰宅して脱ぎ捨てたセーターにアムアムとじゃれて遊び始めた
【アリ】しゅけ。せっかくなのでセーターを着せてあげました。




b0041307_23562565.jpg
ぶかぶかのセーターにすっぽり包まる【アリ】。





b0041307_2359221.jpg
「やっぱりウール100%はあったかいニャ」by【アリ in タートルネック】






b0041307_005270.jpg
そのままうとうとし始めるセーター猫【アリ】。






b0041307_034141.jpg
「あたちもウール100%でしゅ。」





b0041307_052222.jpg
【ナッコちゃん】の暖房法は我が家のメタボ・ナンバーワン猫ヒーター【シャラお姉ちゃん】にピタッ。






b0041307_072515.jpg
「寒い時はデブニャンにひっつくに限るわね」by【ナッコちゃん】






b0041307_0101058.jpg
「いま何かおっしゃいました?」by【シャラ】






b0041307_0105241.jpg
「い、いえ、なにも。やさしくてあったかいシャラお姉ちゃんのこと、大しゅきです」by【ナッコちゃん】







b0041307_0124623.jpg
「やさしい里親さん、お待ちしてま~す」by【アリ&ナッコちゃん】







【仲良し姉妹アリ&ナッコちゃん】里親さん募集中です。よろしくお願いいたします。





-----------------------------------


       ♪やさしい里親さんをお待ちしています♪




b0041307_0175053.jpg

【コチビちゃん】里親さん募集中





---------------------------------





           救える「いのち」があります。
           「マチカさんのミニトートバッグ」

      売り上げは全てお外の猫たちのTNRに使われます。
         ご協力よろしくお願いいたします。







      




   バナー貼付に協力していただけるブロガーさんも絶賛募集中です。
              よろしくお願いいたします。









b0041307_0204918.jpg
「マチカさんのミニトート、猫でも片手で軽々持てましゅ^^。売り上げは全てお外のニャンコのために使われます。よろしくお願いしますニャ」by【ナッコちゃん】





[PR]
# by akaneiona | 2009-11-28 00:25 | ★里親さん募集中の猫
Thanksgiving turkey? 感謝祭に肉食について考える


日本人がお正月にお雑煮やおせちをいただくように、米国人は
感謝祭に家族が勢ぞろいして七面鳥のごちそうをいただくようで、

ホワイトハウスでは歴代の大統領が七面鳥の恩赦式を行うのが
この20年、恒例になっていて、恩赦された2頭の七面鳥だけは
食卓に供されることなく、命拾いをして、おだやかな余生を送る
ことになっているのですが・・・





"Modern turkeys are not bred for longevity. To the contrary, they're genetically manipulated to fatten as quickly as possible and die. Breeding for commercially desirable traits--mainly large breasts--has created turkeys that are so top-heavy they can hardly walk. Sex is equally out of the question, as distortions make it physically impossible for the birds to mate (all commercial turkeys are artificially inseminated). And what's been done to them externally has an internal counterpart. Heart attacks, for example, are common in young turkeys, something that never happens in the wild. "



七面鳥に限らず、食肉用に飼育されている動物-家禽・家畜類の
ほとんどは同じような状況なのでしょう。私たちがふだん口にしている
鶏肉、豚肉、牛肉などのもとになる動物は、生産性向上、利潤追及の
ために遺伝子レベルで改良が重ねられ、その動物の本来の姿とはおよそ
かけ離れ、自然界では生きられない一種の奇形として生まれ、
およそ生き物としてのまっとうな扱いなど受けることなく、それどころか
虐待に等しい扱いを受けながら短い一生を終えていくわけです。



Animal, Vegetable, Miserable
 by GARY STEINER




"Many of the people who denounce the ways in which we treat animals in the course of raising them for human consumption never stop to think about this profound contradiction. Instead, they make impassioned calls for more “humanely” raised meat. Many people soothe their consciences by purchasing only free-range fowl and eggs, blissfully ignorant that “free range” has very little if any practical significance. Chickens may be labeled free-range even if they’ve never been outside or seen a speck of daylight in their entire lives. And that Thanksgiving turkey? Even if it is raised “free range,” it still lives a life of pain and confinement that ends with the butcher’s knife.

How can intelligent people who purport to be deeply concerned with animal welfare and respectful of life turn a blind eye to such practices? And how can people continue to eat meat when they become aware that nearly 53 billion land animals are slaughtered every year for human consumption? The simple answer is that most people just don’t care about the lives or fortunes of animals. "


私はベジタリアンでも、ましてやビーガンでもないので、何も
偉そうなことを言う資格はないのですが、こういう記事を読むと、
肉を食べることについて、考え込んでしまいます。食べものを
無駄にしないとか、感謝して食事をいただくという言葉で、自分の
行いをごまかし続けていてよいのだろうか、と。

のらねこがかわいそう、とか言っておきながら、食肉にされる動物の
扱いについては目をつぶって、肉食を続けているのは自己矛盾、
偽善者もいいところです。






--------------------------------

       ♪やさしい里親さんをお待ちしています♪





b0041307_5481933.jpg
             【アリ】里親さん募集中





b0041307_55016.jpg
              【ナッコちゃん】里親さん募集中






b0041307_5574138.jpg
             【クロミツちゃん】里親さん募集中






---------------------------------





           救える「いのち」があります。
           「マチカさんのミニトートバッグ」

      売り上げは全てお外の猫たちのTNRに使われます。
         ご協力よろしくお願いいたします。







      




   バナー貼付に協力していただけるブロガーさんも絶賛募集中です。
              よろしくお願いいたします。




[PR]
# by akaneiona | 2009-11-27 05:40 | その他
週間朝日、猫に濡れ衣

里親さんから今日、メールを頂いて知ったのですが、
週間朝日の12/4最新号、誤解を招く、ひどい煽りの見出し
だと思います。





今月初めに米国で飼い主から飼い猫に新型
インフルが感染した例が初確認された
とのニュースを
目にした時から、日本でこうした誤解を招くセンセーショナルな
報道がされなければよいが、とひそかに危惧していましたが、
現実のものになってしまいました。


人間が感染を広め、それがたまたま飼い猫にうつり、猫は
むしろ被害者の立場なのに、あたかも猫が人間の新型インフル
流行の主要感染源であるかのように主張するのは、濡れ衣もいい
ところです。

教えて下さった里親さんは、激しく怒りに震えて、同誌編集部へ
抗議の電話をされたそうです。


数年前に中国や東南アジアを中心にSARSの騒動が起きた時は、
それまで日本でペットとして飼われていたハクビシンがSARS
ウイルスの感染を媒介すると報道されたがゆえに、狼狽した
飼い主にひそかに捨てられ、それが各地で繁殖してしまいま
した。

事実、大田区や世田谷区の住宅街でTNRのための捕獲作業を
していると、時々ハクビシンを見かけます。屋敷森に棲みついて
いるようです。

この報道により、捨て猫が増えなければよいのですが・・・
マスコミは社会的影響を考えて、慎重な報道をしてほしいです。

「地域猫の作り方」のちゃま坊さんもこの記事に噛みついておられます
大変参考になります。




-------------------------------


              
         ♪やさしい里親さんを募集しています♪




b0041307_1619194.jpg
emoticon-0152-heart.gif【不幸にも火事でエサやりさんが亡くなってしまったクロちゃん】emoticon-0155-flower.gif





-------------------------------



           救える「いのち」があります。
           「マチカさんのミニトートバッグ」

      売り上げは全てお外の猫たちのTNRに使われます。
         ご協力よろしくお願いいたします。







      



   バナー貼付に協力していただけるブロガーさんも絶賛募集中です。
              よろしくお願いいたします。
[PR]
# by akaneiona | 2009-11-26 05:19 |
24時間で皮下脂肪を倍に








「羊は毛刈り後24時間で皮下脂肪を倍に増やせるので、
風邪はひきません」
羊って、すごい身体調節機能が備わっているんですね。

お外の猫たちも、羊並みに真冬は皮下脂肪を2倍、3倍に増やせると
いいのですが・・・。猫のために寝箱を置くのを許可してくれる場所は
少なく、せっかく置いてもすぐに破壊されたり、撤去されてしまいます。

寒風吹きすさぶ場所で寒さにじっと耐えている外猫を見かけると、
暖房の効いた室内でぬくぬくと過ごしている家猫と対比してしまい、
不憫でなりません。「寒いね。お外はつらいね。お家に入れてあげ
られなくてごめんね」とつい声をかけてしまいます。

寒いとエネルギー消費も激しくなりますので、秋から冬にかけては
ビーフ系など高カロリーで栄養豊富なものをたくさん与えて太らせます。
せめて皮下脂肪を蓄えて、冬の厳しい寒さに耐えられるように、そして
風邪をひきにくくするためです。




-----------------------------------

       ♪やさしい里親さんをお待ちしています♪




b0041307_20484473.jpg

【シロちゃん】里親さん募集中





b0041307_20524651.jpg
【アンちゃん】里親さん募集中






b0041307_2056337.jpg
【ニャニャちゃん】里親さん募集中






---------------------------------





           救える「いのち」があります。
           「マチカさんのミニトートバッグ」

      売り上げは全てお外の猫たちのTNRに使われます。
         ご協力よろしくお願いいたします。







      




   バナー貼付に協力していただけるブロガーさんも絶賛募集中です。
              よろしくお願いいたします。








b0041307_20574992.jpg
「お外のニャンコ救済のためのマチカさんのミニトート、お一つよろしくお願いしますニャ」byアリ





[PR]
# by akaneiona | 2009-11-23 21:06 | お外の猫
「商品」は幼い命


『再び移動して店に到着するまでの間、または店頭に並ぶ前に、
ストレスや管理の杜撰(ずさん)さから命を落とす個体は少なくない。
その数は、ある全国展開するペットショップで年間200は下らない
という。こんなことが営々と続けられてきた理由は、ニーズがある
からだ。私たち消費者が人気犬種を欲し、幼い子犬子猫を求めて
きたからに他ならない。








先日、生まれたての子犬がある所に捨てられた。相談を受けた
猫仲間の口利きで、犬を数匹飼っていらっしゃる知り合いの方が
預かって少し大きくなるまで人工哺乳で育て、良いところに里子に
出して下さった。

その子犬を診察した、お世話になっている動物病院の先生が、
「患者さんが連れてくるのは、ペットショップやブリーダーから
購入した子犬がほとんどで、みな発育不全で痩せ細っている。
いつもガリガリの子犬ばかり見慣れているので、こんなに丸々と
太った子犬を診るのは久しぶり」とおっしゃったそうだ。


b0041307_327198.jpg


一部のペットショップやブリーダーでは、子猫子犬の身体が
大きくなってしまうと売れなくなるので、わざと食事を所要
量与えないと聞く。

一番栄養を必要とする成長期に十分な栄養がもらえず、
発育不全で病気や障害が出る子も多い。また、売れ残って
しまった子は、密かに処分されているそうだ。



b0041307_3273322.jpg




「いのち」が「商品」として売り買いされる時、必ずこういう
弊害が出てくる。その犠牲になるのは小さな「いのち」です。



b0041307_3301397.jpg

[PR]
# by akaneiona | 2009-11-22 03:30 |
茶トラで寄り目の【コチビちゃん】里親さん募集中♪



本日、ネットで里親さん募集を正式スタートした
【コチビちゃん】です。


b0041307_23474033.jpg
【コチビちゃん】4ヶ月、男の子




b0041307_23491840.jpg
シャムMixのようで、寄り目ちゃんです




b0041307_23502212.jpg
元気いっぱいの健康優良児




b0041307_23511323.jpg
きれいな淡い茶トラです。




b0041307_2354387.jpg
すらりと長いシッポ





b0041307_23545222.jpg
ボンボンじゃらしがお気に入り





b0041307_23524278.jpg
約1ヶ月350gで保護されたので、ベタ慣れちゃんです





【コチビちゃん】は生後約1ヶ月、ひとりぼっちでピーピー
鳴いているところを猫ボラさんに助けられました。

【コチビちゃん】、とても人なつこい甘えん坊ちゃんです。
ボラさん宅では、他の猫たちと仲よく遊んでいるので、
できれば遊び相手になってくれる先住猫さんのいる
お宅を希望しています。

【コチビちゃん】を一生大事にしてくださる、やさしい里親
さんを探しております。よろしくお願いいたします。


【コチビちゃん】のプロフィールと募集詳細です。



----------------------------








b0041307_061472.jpg
emoticon-0155-flower.gif【ナッコちゃん】【アリ】も里親さん募集中です。ヨロシク♪emoticon-0152-heart.gif




---------------------------



           救える「いのち」があります。
           「マチカさんのミニトートバッグ」

      売り上げは全てお外の猫たちのTNRに使われます。
         ご協力よろしくお願いいたします。







      



   バナー貼付に協力していただけるブロガーさんも絶賛募集中です。
              よろしくお願いいたします。
[PR]
# by akaneiona | 2009-11-21 23:44 | ★里親さん募集中の猫
八大(ハチダイ)、お疲れさま

2003年の暮れ、私が外猫にかかわり始めて間もなく
知り合った一匹の猫が、数日前に亡くなった、と猫の先輩
から聞かされた。
冷たい雨の降る日に届いた年老いた「野良猫」の訃報。
余計に悲しい。

名前は「八大(ハチダイ)」。オス。捨てられてから14年間、
外で生きてきた。「野良猫」の寿命はふつう3年前後という。
特にオス猫の寿命は短い。「野良猫」が14年も生きるのは
きわめて稀なこと。大往生だった。


b0041307_012548.jpg
    八大、長い間、お疲れさまでした



出会った頃の元気だった八大の写真を探したのだが、
まちがって削除してしまったのか、どうしても見つからない。

これは、去年の暮れに撮影した八大。涎を垂らして、具合が
悪そうだった。だいぶ歳をとったなあと思っていたが、まさか
14歳になっていたとは。

八大が長生きできたのは、捨てられた場所が比較的安全
だったこともあるけれど、なによりも愛情深くて、責任感のある
エサやりさんに出会えたことが大きいだろう。

八大は主に二人のエサやりさんからごはんをもらってきた。
お一人は80代半ばの女性。骨折や大病の危機も乗り越え、
20年以上、エサやりを続けていらっしゃる。

もうお一人のホームレスさんは、大雨の日も、嵐の日も、雪の
日も一日も欠かさずに猫たちの世話をして下さっている。

去年あたりから、食べなくなってきた八大。だがキャリーや
捕獲器で捕まえられるのをどうしても嫌がるため、仕方なく
病院からもらってきた薬をごはんに混ぜてしのいできた。

今年の前半には一時体調が持ち直し、食欲が回復したのだが、
最近は、ホームレスさんの後を心細そうによろよろと追いかける
ようになっていたという。

八大は、別の70代半ばのエサやりさんがこしらえて下さった寝
箱に入って冷たくなっていた。
発泡スチロールをビニールテープと厚手のゴムマットで補強し、
完全防水にし、中にはお手製のフリースのお座布団が敷かれた
あったかい寝箱の中で、ひっそりと息を引き取った八大。

他の大多数の「野良猫」に比べれば、八大の一生は比較的恵ま
れていたかもしれない。それでも、やはり「野良猫」稼業は楽じゃ
ないよね。

八大、14年間、よくがんばったね。お疲れさまでした。安らかに
眠って下さい。

八大を長年、世話して下さった優しいエサやりさんたちに感謝し
ます。


-------------------------------



           救える「いのち」があります。
           「マチカさんのミニトートバッグ」

      売り上げは全てお外の猫たちのTNRに使われます。
         ご協力よろしくお願いいたします。







      



   バナー貼付に協力していただけるブロガーさんも絶賛募集中です。
              よろしくお願いいたします。
[PR]
# by akaneiona | 2009-11-19 23:30 | お外の猫
Simon's Cat


Simon's Catの作者、Simon Tofield さんがBBCにご出演。
Youtubeでの4500万ヒット(!)を記録して。



猫と暮らしている人なら誰もが経験するような日常の風景が
ユーモラスに描かれている、猫好きにはたまらないアニメーション。


Tofield さんもインタビューでおっしゃっているように、
"My cat does that!"(「うちの猫もこれ、やる、やるっ!」)と
動画を見ながらと思わずつぶやいてしまいます。
猫と人間のlove lifeは万国共通なんですね。



お気に入りは、インタビューでも紹介されているこれ↓





我が家でも毎朝、同じような光景が繰り広げられ・・・・
「ひろぞう、メシだ、メシ!」と猫たちに実力行使でたたき
起こされます。でも、さすがにバットは使いませんけれどね(^^;


公式サイト:Simon's Cat

日本ではまだ本が出ていないみたいですね。


Tofield さんのインタビューを拝見していて、彼の語り口や表情から
この方、本当に猫がお好きなんだな、という印象を受けました。
新作が楽しみです。




              
         ♪やさしい里親さんを募集しています♪





b0041307_1619194.jpg
emoticon-0152-heart.gif【不幸にも火事でエサやりさんが亡くなってしまったクロちゃん】emoticon-0155-flower.gif





-------------------------------



           救える「いのち」があります。
           「マチカさんのミニトートバッグ」

      売り上げは全てお外の猫たちのTNRに使われます。
         ご協力よろしくお願いいたします。







      



   バナー貼付に協力していただけるブロガーさんも絶賛募集中です。
              よろしくお願いいたします。
[PR]
# by akaneiona | 2009-11-18 16:25 |