ケンカ傷



お外の猫は目下、繁殖のシーズン真っ盛り。
メスを奪い合ってオス同士のケンカが増える。
かなり激しいケンカをして、深手を負うオスも多く、
致命傷になることも多い。また傷口からFIVなど
のウイルスが感染することも。

FIVの感染は、母子感染や交尾によるものは
非常に稀で、殆どがオスのケンカによるものとの
説もある。

先日raimuさんが捕獲したキジトラ♂も顎に大ケガを
していた。人為的なものではなく、おそらくケンカに
よるもの。



b0041307_18385835.jpg




去勢手術の後、10日ほど傷の治療のため入院。
効果が持続する抗生剤の注射も打っていただき、
傷が回復してから、ワクチン接種後、リリースして
くださった。



b0041307_18391491.jpg





オスも去勢手術しておけば、ケンカに巻き込まれ、
負傷したり、病気に感染する確率はぐんと減る。
またメスを求めて遠出しなくなるので、交通事故に
遭いにくくなる。

メスしか手術しないという人も多いけれど、オスも
手術すると健康に長生きできるチャンスが増える。




[PR]
by akaneiona | 2008-01-31 18:29 | お外の猫
<< 鼻三毛 一日限りの小春日和 >>